1. ホーム >
  2. ファクタリング >
  3. ファクタリングに関するQ&A

ファクタリングに関するQ&A

ファクタリングに関するQ&A

ファクタリングとはどんな取引なのでしょうか?
お客様の持つ売掛債権を弊社が買取り、お客様が行っていた債権の回収業務を弊社が行う取引で、次の相関図に記される順に取引が進められます。
画像
債権の買い取り金額はどの程度でしょうか?
税込請求金額の97〜99%程度ですが、売掛先の財務内容や、支払い実行日までの期間により価格が決定されます。
売掛先が債権の売却に同意しなくともファクタリングが可能でしょうか?
ファクタリングは債権の売買で、売掛先から弊社に売掛金を直接支払ってもらう必要がありますので、売掛先が債権の売却に同意しない場合、ファクタリングは実行できません。この場合、弊社には売掛金担保融資というのがあります、この融資であれば売掛先の同意がなくとも融資が可能となります。
ファクタリングのメリットは何でしょうか?
ファクタリングには次のメリットがあります。
1. お客様の資金ニーズに応じて債権を売却し、売却代金を受け取ることが可能であり、債権回収期間の短縮というメリットがあります。
2. 借り入れのように担保や保証が必要ありません。
3. 債権回収コスト(領収書発行が不要な為、印紙代や送付時の切手代が不要)の削減が可能です。
4. 原則としてお客様は、売却した債権に対しての保証義務を負わないため、売掛先が支払不能となった場合でも債権を買い戻す必要がありません。
5. 借り入れではないため、負債は増えません。
ファクタリングを実行できないケースはどんな場合ですか?
次の場合ファクタリングが不可能な場合があります。
1. 売掛先(第三債務者)の支払能力が著しく低い場合。
2. 既に他社様とファクタリング契約をされている場合。
3. 売却対象債権が確定していない場合。

▲ Page Top