1. ホーム >
  2. 動産担保融資 >
  3. 動産担保融資に関するQ&A

動産担保融資に関するQ&A

動産担保融資に関するQ&A

お蔭様で、多くのお客様からご信頼を頂き、手形割引のお取引も確実に増えております。
ご不明な点がありましたら、ご遠慮なくお尋ね下さい。 以下は、弊社にお問い合わせが多かったご質問をまとめてみました。

動産担保融資とは?
動産担保融資とは、米国で発達した、主として売掛債権と棚卸資産を担保にした融資手法です。 金融機関が在庫商品や売掛債権など、流動性の高い資産を担保として、企業に資金を貸し出す制度です。
動産担保融資の仕組みとは?
動産担保融資は、企業が商品を生産、保有、販売して代金を回収するといった「事業のライフサイクル」に着目し、在庫商品や、将来得られることが見込まれる売掛債権、販売代金などを一体的に担保とする点が特徴です。
融資額は、在庫商品の市場価格や、取引先の支払い能力などを総合的に見極めた上で、担保資産の一定割合を上限に設定されます。
借入企業は、定期的に担保状況を借入相手に報告する必要がありますが、事業の状況を開示することで、経営へのアドバイスを得られる利点もあります。
他の融資体系と違う点はなんですか?
中小企業などは、事業拡大の為資金を調達したくても、担保不動産が無いと資金調達が困難です。
この制度を利用すれば不動産や信用力に乏しい中小企業にとって、資金調達の有効な融資形態です。
実際に実行されてる動産担保担保には、どのようなものがありますか?
動産担保においては、貸し手が担保の状況を適切に把握できる仕組みが不可欠ですが物流との関係で言えば「在庫」を動産担保融資の対象とすることが考えられます。
しかし、単純に財務諸表上の棚卸資産が、そのまま担保対象(価格)になるわけではなく、在庫を評価する第3者機関(NPO法人日本動産鑑定等)による鑑定が必要になります。
尚比較的扱いやすいとされている担保品として ≪1.自動車 2.鉄・非鉄・貴金属地金 3.天然素材 4.ブランド品  5.冷凍水産物 6.穀物≫などが挙げられています。
動産担保融資の今後の展望
「動産譲渡登記制度」は、担保となる設備や在庫商品などを手元に残したまま経営を続けることを可能にするとともに、「二重負担」の危険性も排除したことから、動産担保融資の利用拡大が見込まれます。
こちらで疑問が解決しない場合は、お気軽に以下へお問い合わせ下さい。
お急ぎの方はこちらまで 0120-161-901 営業時間8:00〜17:00

▲ Page Top

携帯サイトからもお申込みできます。左のQRコードを読み取るだけで、 簡単にアクセスできます。URL|http://katy.jp/claylish/ 株式会社クレイリッシュ 〒337-0051 埼玉県さいたま市見沼区東大宮5-33-12 柏洋ビル3階 TEL : 048-682-2300 FAX : 048-682-2302 E-mail : 901@claylish.co.jp 日本貸金業協会会員